ビューティー

心と体を美しく~立春から春分に気をつけたいスキンケア・食生活

立春がすぎ、季節は春に向かおうとしています。気持ちはすっかり春モードなのに、風はまだ冷たく、空気は乾燥したまま。春一番のような強い風は、体調はもちろん肌にも影響を与えます。だからこそ、立春から春分までの間は、スキンケアや食事に気をつけるべきときなのです。美しく健康な体で春を迎えるために、今すべきスキンケアと食生活をご紹介します。

やさしい「泡洗顔」で肌をいたわって

敏感肌になりがちなシーズンは特に気をつけたい
立春から春分にかけては全国的に風が強く、風の刺激はもちろん、花粉や砂ぼこりが肌にとって大きなストレスになります。帰宅したらまず、ぬるま湯で肌についた花粉や砂ぼこりを落としてあげましょう。

さらに気をつけたいのは、洗顔方法です。顔に砂ぼこりがついて気持ち悪いと、つい顔をゴシゴシ雑に洗ってしまうかもしれません。しかし、ゴシゴシ洗いによる摩擦はシミやシワの原因となります。

洗顔の際は、石けんや洗顔パウダーを泡立てネットでよく泡立てて。肌の上でふわふわの泡を転がし、汚れを浮かすように洗いましょう。

 

春に向け、UVケアと保湿は入念に

冬に引き続き保湿をしましょう!
季節の変わり目は肌が敏感になり、肌ストレスを感じやすい時期です。砂ぼこりや紫外線、乾燥から肌を守る対策をしっかりとおこなってください。

うるおいが足りていないと、肌が摩擦などの刺激に弱くなります。まずは水分・油分をじゅうぶん補って。目元など皮膚が薄い部分は、オイルや保湿バームで念入りに保湿してあげましょう。これだけでも、乾燥や砂ぼこりによる肌ストレスがかなり軽減できます。

春先は徐々に日差しが強くなってくる時期ですから、朝のスキンケアの後は、日焼け止めやファンデーションでしっかりUVケアをしておきましょう。

 

お酒を飲まない人も「肝臓」に注意

お酒の飲み過ぎによる肝臓のダメージに注意
次に見ていきたいのが、意外に見落としがちな食生活です。立春をすぎれば寒さも峠を越し、気持ちはどんどん春に向かうことでしょう。しかし実はこの時期、冬の寒さによるストレスが肝臓に溜まってくるのです。

肝臓がストレスを溜めこむとどうなるかというと、体の面では目がショボショボしたり、心の面では、短気やイライラといったことが挙げられます。今の時期の体の不調は、肝臓の働きが低下しているからかもしれません。

消化機能や代謝も衰える時期ですから、過度な飲酒や刺激物もひかえておきたいところです。お酒を飲まない人であれば、乗り物酔いや頭痛、落ちこみといったところに影響が出ることもあります。

 

ショウガのとりすぎはNG?


また、今の時期もうひとつ気をつけたいのは、冬の食べ物から春の食べ物への切り替えです。冬の食べ物といえば、体を温めるネギやショウガ。しかし春にかけては、ネギやショウガの食べすぎに気をつけてほしいのです。

なぜかというと、ネギやショウガは体を温め、冷えによるストレスを皮膚から発散させるもの。肌が敏感になっている春先は、食べすぎると肌荒れを起こすおそれがあるのです。

代わりに積極的に食べてほしいものは、イライラを鎮めるセロリや春菊、ウドなどのえぐみのある山菜です。春を感じる新じゃがや、春キャベツをシンプルに蒸したりゆでて食べるのもいいでしょう。春先はぜひ、少しずつ春らしい料理にシフトしていってください。

 

春先は、スキンケアも食べ物もマイルドに

刺激の少ないスキンケアを入念に!
寒さが一段落したと思っても、春先は肌が思いのほかデリケートになっています。ふわふわの泡でやさしく顔を洗ったり、オイルで皮膚を保護したりと、できるだけ肌に負担のないスキンケアを心がけましょう。

季節の変わり目は、イライラしたり落ちこんだりと、気分が不安定になりやすい時期です。これは、肝臓が寒さによるストレスを溜めこんでいるからかもしれません。

ストレスになることはできるだけ避け、過度な飲酒や辛いものはひかえましょう。健康のためには、心と体の負担になることをやめ、嫌なことは忘れてしまうのが一番です。

やさしい人ほど無理をしてストレスをためがちですが、まずは自分をいたわってあげましょう。日々のストレスを溜めないことが、美しい心と体づくりへの近道です。

The following two tabs change content below.

Paru Paru.Murayama Haruka

精神科の看護助手や飲食業を経て心理学を学び、フリーライターに転身。心理学、栄養学に基づき「ローリエ」、「東京独女スタイル」、「トピックス」等の女性向けサイトに美容、ファッション、恋愛の記事を執筆している。 特技はリフレクソロジーと独自の占い。Twitterアカウント@boushiseijin

関連記事

  1. 顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは
  2. 乾燥に負けない肌へ! スキンケアの効果をアップさせる簡単テク4つ…
  3. テラコッタとバーガンディーでグッと垢抜けるメイク方法
  4. 新年度はキレイな肌で! 生理周期に合わせたニキビケア
  5. 血糖値をコントロール! 食べても太りにくい体になる4つの方法
  6. 体の中からUVケア! 夏バテ知らず&シミ予防の簡単レシピ
  7. 原因はどれ? ニキビの基礎知識とつるすべお肌の秘訣とは
  8. 美肌の人はやっている! スキンケアの効果を高める生活習慣4選

ピックアップ記事

女性の大敵! ツライ「冷え症」を改善するポイント3つ

冷えは万病の元といわれているくらい、身体にとっては、あまりよくないこと。特に冬は…

水素水の鍵「水素濃度」を測定して良質な水素水に出会おう!

「この水素水にどれくらいの水素が入っているんだろう?」と、疑問に思ったことはあり…

non-no5月号に水素美容の特集が掲載されています!

non-no5月号に”「サビすぎ」20歳に水素が効く”と題して、水素の特集がされ…

春は油断禁物! 季節の変わり目に注意したいスキンケア

寒い冬が終わりに近づくと、日に日に気温が上がり日差しも暖かくなってきます。お肌に…

水素水・水素入浴でゆったりリラックス 大人女子のための水素美容

現代社会につきものなのがストレス。ストレスは体にはもちろん美容にもよくないですね…

顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは

うららかな春の日差しも肌にとっては油断大敵です。3月は紫外線の増加や花粉、昼夜の…

PAGE TOP