ビューティー

できる風or元気いっぱい?新年度の第一印象を高めるメイクのコツ

4月は初めて会う人もグッと増える季節。

スーツを新調したり、髪型を変えたり、新しい出会いのために自らの外見を総点検するのに良い機会ですね。

この機会にメイクも見直してみてはいかがでしょう?

オフィスシーンでどうみられたいのか、変えるべきワンポイントアドバイスをしていきます。

新人なのにフレッシュさが足りない!→肌に清楚な透明感を出す

指導を受ける立場で若々しいフレッシュな印象が欲しいなら、肌に透明感を出し、誠実で一生懸命な姿勢をアピールしましょう。

パープルのコントロールカラーを使って、スキントーンをクリアに統一。肌の赤み、黄ぐすみ、シミなどのアラをカバーして、初々しい肌をつくります。

 

誰からも好かれる爽やかな印象にしたい→厚化粧に見せずにさらっとした肌を

働く場所ではまずは個性よりも人間性。誰からも嫌われないというのも会社で生きていく上での処世術です。

好感度の高い会社メイクのダントツは清潔感。厚化粧に見せない、さらっとしたつや肌が武器となります。リキッドやBBで整えたら、プレストパウダーでテカリを抑えます。パウダーのつけすぎはNGです。

 

万年お疲れ顔をなんとかしたい→メイク直前に潤い補給を

いつも疲れた顔で不機嫌顔になっている人も。イヤイヤ仕事をしているのかなと思われては損!

肌の調子が今一つで化粧のノリが悪いとついつい作り込みすぎてしまいます。そんなお疲れ肌にはまずは保湿から。夜と同様に朝も保湿します。メイク直前にローションパックをして、肌を生き返らせましょう。

肌がぷるんとしてくれば、全体的に生き生きした印象になります。

消極的な印象をもたれる→オレンジチークで元気な印象に

オフィスメイクでは基本的に派手な色は使わないですが、唯一明るい色を使えるのがチーク。といってもピンクや赤では可愛くなりすぎてしまいます。

無難に使えるのがオレンジ。

ただチークをつけていると分かってしまうと、メイクが古くなってしまうので、血色感を引き出す程度にナチュラルに広めの範囲で使います。

部下ができたからデキる風になりたい→意思のある知的な目元をつくる

部下ができたら、意思を感じさせ信頼されるお仕事メイクを身につけましょう。重宝するのはブラウン。パールのないブラウン系のアイブロウとアイメイクで目元をぐっと引き締め、落ち着いたできる風の顔をつくります。

ブラウンは強い色なので、濃くしすぎると近寄りがたい存在になるので注意。

また口紅までブラウンにするのはやりすぎ。薄いブラウンベージュやオレンジブラウンを選んでみてください。

お仕事メイクも少し変えてみると、新たな発見があるものです。新しいメイクで積極的に出会いを広げましょう!

The following two tabs change content below.

Shoji Maki

美容誌の編集を経て、webメディアなどで美容&健康を中心に執筆。 スキンケアやメイク、食、ファッション、などビューティにまつわることを幅広くお届けしています。

関連記事

  1. 心と体を美しく~立春から春分に気をつけたいスキンケア・食生活
  2. シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ
  3. 自分の肌に合うモノを! 今話題の最新美容成分6選
  4. 美肌の人はやっている! スキンケアの効果を高める生活習慣4選
  5. 体の中からUVケア! 夏バテ知らず&シミ予防の簡単レシピ
  6. じんわりジトジト…夏が来る前におさらいしておきたい汗対策
  7. 顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは
  8. アンチエイジングの鍵! 抗酸化&抗糖化のメカニズム徹底…

ピックアップ記事

血糖値をコントロール! 食べても太りにくい体になる4つの方法

年末にさしかかり、会食や飲み会が多くなってくる時期。寒くて消費量が減り、増えた体重が戻りにくいという…

シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ

乾燥小じわが目立ったり、化粧のりが悪くなったり、冬時期の肌悩みは乾燥が起因するものがほとんど。保湿ケ…

体に悪いの?「食品添加物」のメリット・デメリット

「食品添加物」と聞いて、どんなイメージがありますか?…

春は油断禁物! 季節の変わり目に注意したいスキンケア

寒い冬が終わりに近づくと、日に日に気温が上がり日差しも暖かくなってきます。お肌に…

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

non-no5月号に水素美容の特集が掲載されています!

non-no5月号に”「サビすぎ」20歳に水素が効く”と題して、水素の特集がされ…

PAGE TOP