ビューティー

新年度はキレイな肌で! 生理周期に合わせたニキビケア

生理前になると、ニキビができるという話をよく聞きます。そうは言っても、新年度はできるだけキレイな肌で人に会いたいもの。生理前のニキビを防ぐには、どうすればいいのでしょうか。それにはまず、ホルモンバランスの変化を知ること。生理のサイクルを知ることで、ニキビだけでなく、美白や保湿の効果的なお手入れができます。

意外に知らない女性の周期をおさらい!

復習して自分の体と向き合おう

妊娠もしくは閉経していなければ、成人女性には毎月生理がおとずれます。しかし、生理中以外は、体の中で何が起きているかよく知らないのではないでしょうか。実は、生理中以外も女性の体は大忙し。つねに妊娠にそなえた準備がおこなわれています。

生理のあと、卵巣では卵子のもとになる原始卵胞が成長をはじめます。この中でもっとも大きく成熟した卵胞は、ホルモンにうながされて卵子を排出します。これが「排卵」です。

排卵後、卵胞は黄体に変化して、プロゲステロン(黄体ホルモン)分泌。これにより、妊娠にそなえて子宮内膜が厚くなっていきます。受精が起きなければ、内膜は血液とともにはがれ落ち、生理が始まります。女性の体の中では、毎月このサイクルがくり返されるのです。

生理が始まって1週間後~2週間は攻めのスキンケア

どんなに肌が荒れても我慢!生理を終えたら春が来る

では次に、生理のあとの肌の状態を見ていきましょう。生理のあとから排卵までは、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がさかんな時期。髪や肌にツヤが出ます。エストロゲンには、肌のうるおいを保つ働きがあるため、肌の調子は安定しています。

生理が終わったあとは、肌の調子がよく、スキンケアの効果が出やすい時期です。肌の調子が安定しているこの時期には、スクラブやピーリングといった攻めのケアをしてもOK。エステや自宅でのパックも効果的です。

生理から2週間~生理前は要注意期 油物はひかえて

生理開始から2週間をすぎると、エストロゲン値はだんだんと低下。うるおいが減り、皮脂の分泌をさかんにするプロゲステロンの値が高まります。生理前にニキビができやすいのは、このためです。

ニキビができやすいこの時期は、毛穴のつまりをオフして、しっかり保湿する必要があります。紫外線の刺激を受けてシミ・ソバカスができやすいため、UVケアにも気をつけてください。スキンケアでは、角質や皮脂汚れをオフするふき取り化粧水や、酵素系の洗顔パウダーがおすすめ。ニキビの原因となる毛穴の汚れをとり、しっかり保湿してあげましょう。

また、食生活でも注意することがあります。朝食は、紫外線の吸収率を高めるキウイ、柑きつ類、セロリ、キュウリをひかえます。油物や香辛料をひかえ、夕食に炎症をおさえるセリのおひたしや、肌の調子を整えるモヤシを食べましょう。便秘を防ぐニラやキノコもおすすめです。

生理が始まって1週間は肌が敏感に

生理中は、エストロゲン値とプロゲステロン値がともに低下します。バリア機能がおとろえて、肌は敏感な状態です。ピーリングやスクラブなど、肌に刺激となるケアは避けたほうがいいでしょう。

体を冷やすお酒や生もの、甘いものはできるだけひかえたほうがベター。甘いものがほしいときは、体を冷やす白砂糖より、黒糖を使いましょう。料理なら、血のめぐりをよくする玉ねぎやグリーンピースのスープ、菜の花のおひたしがおすすめです。

生理周期に合わせ、効果的なスキンケアを

生理が終わってからすぐ、女性の体の中では妊娠のための準備がはじまります。女性は、毎月「排卵→生理→準備期間」をくり返し、ホルモンバランスの変化が大きいのです。ホルモンバランスの変化により、生理前はニキビやシミができやすくなります。

生理前は毛穴のつまりをオフしてニキビを防ぎ、しっかり保湿して水分を補ってください。もちろん、じゅうぶんな睡眠や、食生活に気をつけることも重要です。また、生理中は肌が敏感になっているため、ピーリング、スクラブなど肌に刺激を与えるケアは避けましょう。

生理が終われば、肌は元気をとり戻します。スキンケアの効果も出やすいので、スクラブやピーリングで、攻めのケアをしてあげましょう。

The following two tabs change content below.

Paru Paru.Murayama Haruka

精神科の看護助手や飲食業を経て心理学を学び、フリーライターに転身。心理学、栄養学に基づき「ローリエ」、「東京独女スタイル」、「トピックス」等の女性向けサイトに美容、ファッション、恋愛の記事を執筆している。 特技はリフレクソロジーと独自の占い。Twitterアカウント@boushiseijin

関連記事

  1. テラコッタとバーガンディーでグッと垢抜けるメイク方法
  2. 夏バテ・夏風邪かな? と思ったときのNG行動&おすすめ食材
  3. できる風or元気いっぱい?新年度の第一印象を高めるメイクのコツ
  4. 乾燥に負けない肌へ! スキンケアの効果をアップさせる簡単テク4つ…
  5. 早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策
  6. 二の腕のブツブツをつるっとキレイにする4つの方法
  7. 春も油断大敵!髪の毛の乾燥対策
  8. 夏の肌荒れを持ち越さない! 秋冬に向けて行うべき乾燥・小ジワ対策…

ピックアップ記事

テラコッタとバーガンディーでグッと垢抜けるメイク方法

今シーズンのファッションは、テラコッタと呼ばれるレンガのようなオレンジ系のブラウンが大人気。大人の女…

これで完璧!2017夏・最前線「進化したUVコスメ」を使いこなそう

日差しが強くなったらUV対策の本番。日焼けは肌の老化を加速させ、シミやそばかすのもととなりますが、そ…

キーワードは「ツヤ感」! 春の最新ビューティートレンドまとめ

この春夏のビューティー最前線では、いくつかヒットアイテムが誕生しました。メイクも…

快眠は美容の基本! 良い眠りを引き寄せるパジャマの選び方

眠るとき、パジャマではなくルームウェアやジャージなどでそのまま眠っていませんか。眠るときにパジャマに…

血糖値をコントロール! 食べても太りにくい体になる4つの方法

年末にさしかかり、会食や飲み会が多くなってくる時期。寒くて消費量が減り、増えた体重が戻りにくいという…

シリカ、水素、カリウム、どの水が体にいいの? ~気になる水のお話~

最近、美容にいい水がよく話題になっています。人の体の半分以上は水分。赤ちゃんなら…

PAGE TOP