ビューティー

乾燥に負けない肌へ! スキンケアの効果をアップさせる簡単テク4つ

いつの間にか、季節はすっかり秋。肌の乾燥が気になるシーズンです。秋冬になると、オイルやクリームを塗っているのに乾燥する、という方もいるのではないでしょうか。簡単なテクを知り、塗る順番に気をつければ、乾燥の気にならないしっとりツヤツヤの肌になれるはず。代謝アップの方法も覚えて、いつまでも老けない美肌を保ちましょう!

スキンケアの効果がアップするテクニック5つ

(1)クレンジングは、肌の上でゆっくりなじませる

スキンケアをおこなうにあたって、気をつけたいのが実はクレンジング。洗いすぎや、ゴシゴシ洗いは肌トラブルの元。クレンジングや洗顔が雑なせいで、肌が乾燥したり、肌荒れする人も多いのです。

乾燥が気になる人におすすめなのは、クリーム状のクレンジング剤ミルク状のクレンジング剤も、必要な油分を守りながら、肌に負担をかけずにメイクを落としてくれます。

クレンジング剤をおでこ・両頬・鼻・あごの5点に乗せ、肌の上でクルクルとなじませ、軽い感触になってから落とします。

顔を洗うときは、洗顔料をネットなどでしっかり泡立てて洗いましょう。超乾燥肌でとにかく保湿したいという方には、ダブル洗顔不要なクレンジング剤もおすすめです。こちらも、クリームやミルク状のものを選びましょう。

(2)洗顔後のオイルで化粧水の浸透力アップ!

洗顔のあとは、通常なら化粧水ですが、乾燥が気になる季節は、入浴や洗顔のあとにオイルを塗ります。ここで使うオイルは、サラッとしたタイプの導入用オイル。化粧水の前に使うことで、肌を柔らかくなめらかにして、化粧水の浸透を高めます。

化粧水は、手のひらで温めて使うことで、より浸透力がアップします。化粧水のおすすめは、セラミドの生成をサポートする化粧水。セラミドとは、肌の水分を保持し、バリア機能を果たす成分。セラミドの生成をうながす化粧水は、サラッと肌なじみがよく、つけた直後から肌と一体化するような感触が特徴です。

(3)たっぷりの乳液でマッサージ

化粧水の次は乳液です。実は、乳液もつけ方次第でおどろくほど肌が変わります。まず気をつけたいのはその量。500円玉大、3プッシュくらいが適量です。乳液をコットンか手にとり、肌から浮かせるようにしてクルクルとマッサージしましょう。

乳液をたっぷり使い、顔だけでなく耳の横や首、鎖骨までマッサージすれば、血行改善代謝アップの効果が期待できます。顔全体をマッサージしたら、手のひらで顔を包むようにして乳液をなじませ、フェイスラインは指の腹で耳の下から流していきます。

(4)保湿プラス、体を温めることが美肌のカギ

乳液をたっぷりと塗って保湿したら、最後はオイルやアイクリーム、美容液で潤いを閉じこめます。目元や法令線など、シワの目立ちやすい部分は、シワを伸ばすように指でピタッとおさえてあげて。特に乾燥が気になる目元は、指でリフトアップさせながら10秒キープしましょう。

洗顔のあとにオイルを塗って、化粧水、乳液またオイルとなると、少しめんどうに感じるかもしれません。しかし、空気が乾燥する秋冬は、保湿するに越したことはないのです。

唯一気をつけてほしいのは、スキンケアの間に体を温めること。朝晩は、ホットタオルやレッグウォーマーで首元や足首を温めてください。体が冷えると代謝が衰え、肌の状態はもちろん、体調が乱れる原因となってしまいます。

スキンケアと代謝アップの簡単テクで、乾かない肌に

乾燥が心配なこの季節、本当に保湿したいなら、スキンケアの基本を見直してみましょう。洗顔のあとには、乾燥が気になる部分にオイルを塗れば、化粧水の浸透力がアップします。

化粧水をつけたら、乳液をたっぷり使い、肌の上をマッサージしてください。顔だけでなく、耳の下や鎖骨まで流せば、代謝が上がり、より高いスキンケア効果が期待できます。朝晩のスキンケア中は、体を温めて、代謝を整えるようにしましょう。

乾燥が気になるなら、コスメ選びはもちろん、スキンケアの手順をいま一度見直してみてはいかがでしょうか。スキンケアの基本を見直し、代謝アップの簡単テクを加えることで、あなたの肌は見違えるように美しくなるはずです。

The following two tabs change content below.

Paru Paru.Murayama Haruka

精神科の看護助手や飲食業を経て心理学を学び、フリーライターに転身。心理学、栄養学に基づき「ローリエ」、「東京独女スタイル」、「トピックス」等の女性向けサイトに美容、ファッション、恋愛の記事を執筆している。 特技はリフレクソロジーと独自の占い。Twitterアカウント@boushiseijin

関連記事

  1. シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ
  2. “冷やさない”で痩せる! 秋にリバウンド…
  3. 自分の肌に合うモノを! 今話題の最新美容成分6選
  4. これで完璧!2017夏・最前線「進化したUVコスメ」を使いこなそ…
  5. 顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは
  6. テラコッタとバーガンディーでグッと垢抜けるメイク方法
  7. 原因はどれ? ニキビの基礎知識とつるすべお肌の秘訣とは
  8. 夏の肌荒れを持ち越さない! 秋冬に向けて行うべき乾燥・小ジワ対策…

ピックアップ記事

顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは

うららかな春の日差しも肌にとっては油断大敵です。3月は紫外線の増加や花粉、昼夜の…

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

二の腕のブツブツをつるっとキレイにする4つの方法

ノースリーブや水着の季節に、二の腕のブツブツが気になるという方も多いはず。このブ…

ワッグル4月号にて水素の特集が掲載されています!

ゴルフ雑誌”ワッグル”に水素の特集が掲載されています。もうすぐ2月が終わります。…

シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ

乾燥小じわが目立ったり、化粧のりが悪くなったり、冬時期の肌悩みは乾燥が起因するものがほとんど。保湿ケ…

体に悪いの?「食品添加物」のメリット・デメリット

「食品添加物」と聞いて、どんなイメージがありますか?…

PAGE TOP