ヘルスケア

女性の大敵! ツライ「冷え症」を改善するポイント3つ

 

冷えは万病の元といわれているくらい、身体にとっては、あまりよくないこと。特に冬は、家の中にいても末端まで冷えてしまって、しっかり温まらないまま眠る日も多いでしょう。ちゃんと毎日、湯船に浸かっていますか?

 

そこで今回は、冷え症の予防ポイント3つをご紹介いたします。

 

冷え症の原因って?

 

冷え症は、体温調節機能が働かなくなり全身が冷えてしまっている状態。個人によって原因は異なりますが、まず要因の一つとして自立神経の乱れを挙げることができます。

 

ストレスや不規則な生活を続けているうちに自立神経が乱れ、体温調整への命令ができなくなり、身体が冷えきってしまうのです。

 

また、元々貧血や低血圧など、血管系に異常がある人は冷え症になりやすいともいわれています。女性の場合は、生理前後や更年期などで女性ホルモンのバランスが乱れ、血行不良に陥りやすいため、日頃から「身体を温める」という意識が必要になります。

 

冷え症の予防策とは?

 

(1)朝に白湯を一杯飲む

 

白湯は気分を落ち着かせたいときにもオススメです!

 

朝起きてから、一番始めに何を飲みますか?

 

できれば、身体に優しい「白湯」を飲んで、胃腸の機能をゆっくり起こさせてあげましょう。いきなりコーヒーや緑茶を飲むと、胃腸にとっては負担になります。ポイントとしては、体温よりも1度ほど高い温度に温めた白湯を飲むこと。白湯はカロリー0なので、ダイエットを気にしている人にもおすすめです。

 

(2)あったかグッズの有効活用

 

常に気をつけておくことが重要!

若い頃は何も気にせず短いスカートから生脚のまま出かけていたりするものですが、大人になるほど、寒さによる体調不良は深刻になってくるものです。外出時には、ホッカイロを肌着に張りつけたり、睡眠時には湯たんぽをセットしておくなど、便利なあったかグッズを有効活用しましょう。

 

ただし、湯たんぽは長時間同じ場所に当て続けると低温やけどする場合もありますから注意してくださいね。

 

(3)半身浴で1日の疲れをリセット

 

代謝を上げるのに半身浴をしましょう

 

自分ではそこまで冷えているつもりはなくても身体は正直です。シャワーで済ましているだけでは身体のためになっていません。できれば時間をかけて、ゆっくり入りましょう。

 

温度の目安は大体、38度~40度くらい。20分~40分間くらい入って身体の芯から温めます。半身浴の場合は、肩を冷やさないようにタオルをかけておくと、より効果的だそう。

 

 

いかがでしたか?

 

身体が冷えると、それだけでなんとなくだるくなったり。仕事も家事もがんばっているからこそ、ストレスもたまって余計に血の巡りが悪くなるのかも……。

冷え症予防も大事ですが、自分だけのオリジナルストレス解消法もみつけておくと、体調も安定してくるでしょう!

 

The following two tabs change content below.

Erica

webライター。モットーは「瞬間を生きる」。恋愛・ライフスタイル・美容を中心に%20月間300記事以上を執筆中。

Erica

投稿者の記事一覧

webライター。モットーは「瞬間を生きる」。恋愛・ライフスタイル・美容を中心に%20月間300記事以上を執筆中。

関連記事

  1. 早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策
  2. 汗が止まらない・汗が出ない原因とは? 美しい人の汗のかき方
  3. こんな症状に注意! 意外な熱中症のサインと対処方法
  4. 新年度はキレイな肌で! 生理周期に合わせたニキビケア
  5. 夏バテする前に対策! 熱を体から逃がす方法とは
  6. 心と体を美しく~立春から春分に気をつけたいスキンケア・食生活
  7. 血糖値をコントロール! 食べても太りにくい体になる4つの方法
  8. 夏バテ・夏風邪かな? と思ったときのNG行動&おすすめ食材

ピックアップ記事

ワッグル4月号にて水素の特集が掲載されています!

ゴルフ雑誌”ワッグル”に水素の特集が掲載されています。もうすぐ2月が終わります。…

じんわりジトジト…夏が来る前におさらいしておきたい汗対策

ゴールデンウィークが終わり、少しずつ暑さが厳しくなってきた今。電車で移動していると、思わず鼻…

女性の大敵! ツライ「冷え症」を改善するポイント3つ

冷えは万病の元といわれているくらい、身体にとっては、あまりよくないこと。特に冬は…

美白にも効果あり! 本当はすごい水素の効果をわかりやすく解説

大物有名人が結婚式で「水素生成器」を引き出物にしたこともあり、今「水素」がおおい…

これで完璧!2017夏・最前線「進化したUVコスメ」を使いこなそう

日差しが強くなったらUV対策の本番。日焼けは肌の老化を加速させ、シミやそばかすのもととなりますが、そ…

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

PAGE TOP