ビューティー

テラコッタとバーガンディーでグッと垢抜けるメイク方法

今シーズンのファッションは、テラコッタと呼ばれるレンガのようなオレンジ系のブラウンが大人気。大人の女性には、赤ワインのような色のバーガンディーもおすすめです。ファッションのトレンドカラーを押さえたら、メイクもファッションとリンクさせてみてはいかがでしょうか。

ポイントメイクにはトレンドの色を

テラコッタとバーガンディーは、今季のファッションに欠かせないトレンドカラーです。今回は、トレンドのテラコッタを目元に、チークにバーガンディーを使ったメイクをご紹介します。さらに、口元をモードな雰囲気にするには、いま大人気の赤リップがおすすめ。目・頬・口、それぞれにトレンドの色をプラスすることで、顔全体があかぬけた印象になりますよ。

アイメイクは定番色にテラコッタをプラス

アイメイクに欠かせないアイシャドウの定番色といえば、やっぱりブラウン。目元を立体的に見せてくれるので、毎日のメイクにとても重宝します。ただ、落ち着いた色味が多い秋のファッションにブラウン系メイクの組み合わせは、地味な印象になりがちです。そこで、今季ファッションでも人気のテラコッタをアイメイクに取り入れてみましょう。

オレンジ系のテラコッタは、ブラウンよりも温かみがあり、顔を明るく見せてくれます。アイシャドウにテラコッタ色を使えば、立体感とともに血色もアップして、ヘルシーな印象に仕上がります。

アイメイクは定番色にテラコッタをプラス

チーク周りにはバーガンディーとテラコッタを

目元をテラコッタで彩ったら、今度はチークの色を決めていきましょう。日本人の肌に合うのは、オレンジ系のアプリコットピンク。こちらも自然でかわいいのですが、秋は大人っぽいバーガンディーがおすすめです。

赤ワインのような色のバーガンディーは、ファッションでも大人気。ファッションに合わせてバーガンディーのチークを頬に重ねると、一気に大人っぽくなり、顔周りがシャープに見えます。

さらに小顔効果を狙うなら、頬骨の下にテラコッタ色のシェーディングを入れてみましょう。スティックタイプのシェーディングを塗って、境目を手のひらやブラシでぼかせば自然に肌になじんでくれます。

チーク周りにはバーガンディーとテラコッタを

リップは鮮やかレッドでレディに決めて

アイメイクにテラコッタ、チークにバーガンディーを取り入れると、かなり秋らしい印象になってきます。ここでリップにもしっかり色を入れると、きちんと感が出て全体の印象が引き締まりますよ。リップのおすすめは、鮮やかなピュアレッドと、肌になじみやすいローズレッドです。

毎日のメイクにおすすめの色は、ズバリ深紅のバラのようなローズレッド。少しくすんだ暗めの赤は意外に肌なじみがよく、エレガントな仕上がりになります。これに対して、ここぞというときにおすすめしたいのが鮮やかなピュアレッド。ベースメイクもパウダーできっちりと作り込み、口元はリップライナーで輪郭をとってあげましょう。そこに鮮やかなレッドを乗せることで、ワンランク上のレディな装いができ上がります。

リップは鮮やかレッドでレディに決めて

トレンドカラーを取り入れてメイクの達人に

今季のトレンドカラー、テラコッタ色のアイシャドウは立体感とはなやかさが出て、かなりおすすめの色です。さらに、濃い目のテラコッタをシェーディングに使うことで、小顔効果も期待できますよ。

大人っぽくセクシーな印象のバーガンディーは、チークに使えばとてもエレガント。顔をシャープに見せて、洗練された印象にしてくれます。アイメイクやチークに合わせて口元をモードに彩るなら、鮮やかな赤リップがだんぜんおすすめ。ふだんのメイクには、少しくすんだローズレッド、勝負どきにはビビッドなピュアレッドをまといましょう。

ファッションに合わせてメイクにも秋のトレンドカラーを取り入れれば、通りすがりの人が振り向くような、とびきりのいい女になれますよ!

The following two tabs change content below.

Paru Paru.Murayama Haruka

精神科の看護助手や飲食業を経て心理学を学び、フリーライターに転身。心理学、栄養学に基づき「ローリエ」、「東京独女スタイル」、「トピックス」等の女性向けサイトに美容、ファッション、恋愛の記事を執筆している。 特技はリフレクソロジーと独自の占い。Twitterアカウント@boushiseijin

関連記事

  1. 新年度はキレイな肌で! 生理周期に合わせたニキビケア
  2. シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ
  3. アンチエイジングの鍵! 抗酸化&抗糖化のメカニズム徹底…
  4. 原因はどれ? ニキビの基礎知識とつるすべお肌の秘訣とは
  5. 乾燥に負けない肌へ! スキンケアの効果をアップさせる簡単テク4つ…
  6. 春は油断禁物! 季節の変わり目に注意したいスキンケア
  7. 二の腕のブツブツをつるっとキレイにする4つの方法
  8. 顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは

ピックアップ記事

シミになる前に! 日焼けしてしまった時の正しいアフターケア

紫外線対策をしているつもりでも、日差しの強い季節はうっかり日焼けしてしまうことは…

これで完璧!2017夏・最前線「進化したUVコスメ」を使いこなそう

日差しが強くなったらUV対策の本番。日焼けは肌の老化を加速させ、シミやそばかすのもととなりますが、そ…

女性の大敵! ツライ「冷え症」を改善するポイント3つ

冷えは万病の元といわれているくらい、身体にとっては、あまりよくないこと。特に冬は…

日経ヘルス4月号に「水素」が特集されています!

日経ヘルス4月号に水素特集が掲載されています。水素の基本的な知識から、忙しい…

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

シリカ、水素、カリウム、どの水が体にいいの? ~気になる水のお話~

最近、美容にいい水がよく話題になっています。人の体の半分以上は水分。赤ちゃんなら…

PAGE TOP