ビューティー

じんわりジトジト…夏が来る前におさらいしておきたい汗対策

ゴールデンウィークが終わり、少しずつ暑さが厳しくなってきた今。

電車で移動していると、思わず鼻をふさいでしまうほど、汗の臭いがする人がいますよね。

特に女性は臭いに敏感ですから、今のうちに対策をしておきたいでしょう。

そこで今回は、夏が来る前におさらいしておきたい汗対策についてご紹介いたします。

汗をかきやすい原因って?

汗をかく場所の中でも特に気になるのはワキ汗。

洋服を着ていてもうっすら汗が染みていると、うわっと思いませんか?

そもそもなぜそこまで汗をかくのでしょう?原因としては、精神的な状況が影響していることが考えられます。緊張した際に手汗をかくように、心と汗は密接な関係です。もしかしたら、ワキ汗を気にしすぎて余計に体が緊張し汗がにじんでいる可能性もあるのです。

また不規則な生活が続くだけでもワキ汗の原因になりやすいともいわれています。特に汗を出す汗腺は、日々摂っている食事とも影響しており、暴飲暴食を続けていると、汗の状態もあまりよくない方向へと向かい出すかも…。

いずれにしても、汗対策としては、精神的な負担を減らし、規則正しい生活を送ることが一つの鍵となるようです。

夏が来る前におさらいしておきたい汗対策

①ハンカチやタオルは常に持ち歩く

最近は制汗剤もたくさん販売されていますが、スプレーなどを使用する前には、できれば一度タオルやハンカチで拭き取りましょう。

元々汗をかきやすく臭いが気になるなら厚めのタオルを持ち歩いているだけでも精神的に安定するはずです。夏場は一枚だけではなく二枚程度鞄に入れておくと便利でしょう。

②ストレス解消を心がける

TODOリストに追われる毎日で、ふっとしたときに深いため息をついていませんか?

精神的な負担が大きければ、人前で発表しなければいけないときも、さらに汗が出やすくなるかもしれません。日頃からストレス解消を心がけ実践することも立派な汗対策の一つになるでしょう。

③シャワーやお風呂で汗を流す

夏場になるとどうしてもシャワーでささっと済ましてしまいがちですが、できれば時間的なゆとりをもって数分だけでも湯船につかり、しっかりと汗や疲れを洗い流しましょう。体を清潔に保っておくことは汗対策の基本中の基本。でも忙しさを理由に守れていない人も多いはずなんです…。

 

いかがでしたか?

夏が来る前に汗対策を意識することで、健康的な身体により近づけるでしょう。暑くなってから慌てて行動しても焦って空回りするだけ。今のうちからボディを清潔に保ち、心や体が喜ぶようなことをたくさんしてあげましょう。

The following two tabs change content below.

Erica

webライター。モットーは「瞬間を生きる」。恋愛・ライフスタイル・美容を中心に%20月間300記事以上を執筆中。

Erica

投稿者の記事一覧

webライター。モットーは「瞬間を生きる」。恋愛・ライフスタイル・美容を中心に%20月間300記事以上を執筆中。

関連記事

  1. これで完璧!2017夏・最前線「進化したUVコスメ」を使いこなそ…
  2. シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ
  3. 食欲の秋の対策に! 間食に食べたい「太らないおやつ」10選
  4. キーワードは「ツヤ感」! 春の最新ビューティートレンドまとめ
  5. シミになる前に! 日焼けしてしまった時の正しいアフターケア
  6. 春は油断禁物! 季節の変わり目に注意したいスキンケア
  7. 顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは
  8. 二の腕のブツブツをつるっとキレイにする4つの方法

ピックアップ記事

シミになる前に! 日焼けしてしまった時の正しいアフターケア

紫外線対策をしているつもりでも、日差しの強い季節はうっかり日焼けしてしまうことは…

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

「水素ガス吸入」厚生労働省の先進医療Bとして承認される

新年あけましておめでとうございます! Hybea編集部です。今年もHybeaを宜…

体に悪いの?「食品添加物」のメリット・デメリット

「食品添加物」と聞いて、どんなイメージがありますか?…

目安や飲むタイミングって? 水素水の正しい飲み方と基礎知識

水素水ブームが巻き起こる中、ふと「普通のお水とは一体何が違うの?」疑問に感じたこ…

顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは

うららかな春の日差しも肌にとっては油断大敵です。3月は紫外線の増加や花粉、昼夜の…

PAGE TOP