ビューティー

シミになる前に! 日焼けしてしまった時の正しいアフターケア

 

紫外線対策をしているつもりでも、日差しの強い季節はうっかり日焼けしてしまうことは多々あります。ビーチやアウトドアでなくても、長時間のドライブや電車での移動時、外回りで思ったよりも紫外線を浴びてしまうことも。

 

日焼けをして赤くなっている肌は、炎症を起こしている状態。アフターケアをしないと、シミ乾燥の原因になってしまいます。今回は、うっかり日焼けしてしまった時の緊急ケアについて見ていきましょう。

 

冷やしてクールダウン

 

肌が赤くなったり、ほてりがある時は、まずは冷やしてクールダウンさせます。お水に顔をひたしたり、冷却パックをタオルでくるんで肌を冷やします。センシティブになっているので、美白コスメやきゅうりパックはせず、いつものスキンケアを。沁みないようなら、化粧水を多めにつけてあげます。

 

軽めの日焼けなら、スーッとする涼感コスメも使い時。ひんやり触感で肌を落ち着かせてくれるでしょう。

 

冷やしてクールダウン

保湿でインナードライを断つ

 

肌がもとに戻ったと思っても、内部では炎症がくすぶっている可能性も。しばらくはさらなる日焼けをしないように注意。日焼け後は乾燥しやすくなるので、重点的に保湿をしていきます。シートマスクや保湿ジェルなどスペシャルケアを取り入れて、肌を底上げしていきます。

 

シミ対策には「ビタミンC」を

 

ヒリヒリした感じがなくなれば、美白コスメを取り入れていきます。美白といえば、ビタミンCを筆頭に、エラグ酸、リノール酸、ルシノールなどありますが、有用な美白成分を取り入れ、シミ対策をします。肌がドライに傾いていると、美白の効きがイマイチになってしまうので、肌が乾燥しないように注意して。

 

ビタミンCは食べものから摂取するのも有効です。こちらはもちろん肌の状態とは別にいつでも摂取したいものです。フルーツ以外にも緑黄色野菜にも豊富に含まれていて、シミやそばかすの色素が増えるのを抑えメラニンを退色させる働きがあります。フルーツや野菜を食べて、体内から“抗酸化”させましょう。

 

シミ対策にはビタミンCを

生理中、寝不足時は日焼けしやすい

 

生理の時は肌が敏感というのは実感されたことがあるかと思いますが、この時期はプロゲステロンの作用で紫外線のダメージを受けやすくなり、日焼けもしやすくなります。普段以上のケアを心がけましょう。

 

また、睡眠も肌と深く関係します。寝不足の時は日焼けのダメージも残りやすくなります。日焼けしてしまった後はしっかり眠って成長ホルモンを分泌させ、内側から修復させることが大事です。

 

急に強い紫外線を浴びると、軽いヤケドのような状態になります。うっかり日焼けをしてしまったら、アフターケアをしっかりして、日焼けのダメージを残さないようにしたいですね。

 

The following two tabs change content below.

Shoji Maki

美容誌の編集を経て、webメディアなどで美容&健康を中心に執筆。 スキンケアやメイク、食、ファッション、などビューティにまつわることを幅広くお届けしています。

関連記事

  1. 乾燥に負けない肌へ! スキンケアの効果をアップさせる簡単テク4つ…
  2. “冷やさない”で痩せる! 秋にリバウンド…
  3. じんわりジトジト…夏が来る前におさらいしておきたい汗対策
  4. 新年度はキレイな肌で! 生理周期に合わせたニキビケア
  5. 顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは
  6. シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ
  7. 夏の肌荒れを持ち越さない! 秋冬に向けて行うべき乾燥・小ジワ対策…
  8. 春は油断禁物! 季節の変わり目に注意したいスキンケア

ピックアップ記事

肌荒れやむくみ……腸内バランスを改善する食事内容とは

季節は秋めいてきて、過ごしやすくなってきました。それなのに、肌あれや便秘に悩まさ…

non-no5月号に水素美容の特集が掲載されています!

non-no5月号に”「サビすぎ」20歳に水素が効く”と題して、水素の特集がされ…

じんわりジトジト…夏が来る前におさらいしておきたい汗対策

ゴールデンウィークが終わり、少しずつ暑さが厳しくなってきた今。電車で移動していると、思わず鼻…

美白にも効果あり! 本当はすごい水素の効果をわかりやすく解説

大物有名人が結婚式で「水素生成器」を引き出物にしたこともあり、今「水素」がおおい…

シリカ、水素、カリウム、どの水が体にいいの? ~気になる水のお話~

最近、美容にいい水がよく話題になっています。人の体の半分以上は水分。赤ちゃんなら…

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

PAGE TOP