ビューティー

シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ

乾燥小じわが目立ったり、化粧のりが悪くなったり、冬時期の肌悩みは乾燥が起因するものがほとんど。保湿ケアは欠かせませんが、良かれと思ってしていたことが逆に乾燥の原因になっていることも。

 

今回は、乾燥を加速させる間違いスキンケア&ファンデーションについて見てきましょう。

 

(1)丁寧すぎるスキンケア

肌を美容液成分で守りすぎも禁物!

基本的なスキンケアに美容液、クリーム、そしてパックや美顔器、マッサージと何重にもケアを重ねると肌の負担が大きくなり、潤いを守るバリア機能を弱らせてしまいます。美容液も練り込むようにつけるのではなく、のせるように柔らかくつけます。

 

同じように、毎晩ゴシゴシとクレンジグをしたり、コットンで叩く刺激を与えたりするのも肌を乾燥させることにつながります。

 

長時間のローションマスク

うまく余った美容液も使いましょう

ローションを染み込ませたローションマスクは水分が蒸発するのが早いので、時間を置けば置くほど肌を乾燥させてしまいます。短時間の使用に限るか、厚手の美容液マスクやシートマスクにしても良いでしょう。

 

乾燥肌対策としては塗るタイプのフェイスマスクも有用です。このタイプのマスクは容量を守り、水分が蒸発しないようにたっぷり重ねることが肝心です。

 

たっぷりクリーム

素肌を鍛えることは大切

保湿やしわ予防にたっぷりのせたくなるクリーム。しかし、皮脂が減ってくるのは個人差がありますが、おおよそ40代後半から。肌が若いのにあまりにも油分をのせると、肌を弱らせてしまったり、ニキビや炎症の原因になりかねません。油分の多いクリームや美容オイルはつけすぎると皮脂分泌を衰えさせてしまうので、乾燥が気になるところに部分使いしましょう。

 

水分の多いファンデ

ピカピカな肌を保ちましょう

ツヤが出て保湿感のありそうなリキッドや、クリーム状のファンデですが、液状のものは乳化剤や防腐剤も多いので肌にとっては負担になります。乾燥や敏感肌が気になるときはこうしたものを避け、パウダータイプに切り替えましょう。クッションファンデも水分が多く、肌を乾燥させてしまうこともあるので要注意。

 

オーガニックファンデーションやミネラル系のもの、BBクリームなどスキンケアの延長で使えるものもあります。仕上がりは好みがありますが、美容成分配合でクレンジングもいらないため、乾燥対策にも良いと言えます。

 

乾燥対策にはバリア機能を弱めないことが肝心です。肌には油分と水分をバランスよく補給し、肌のバリア機能を高めると内側からのハリ感を得られ、透明感や潤いに満ちた肌をキープすることができます。

 

 

The following two tabs change content below.

Shoji Maki

美容誌の編集を経て、webメディアなどで美容&健康を中心に執筆。 スキンケアやメイク、食、ファッション、などビューティにまつわることを幅広くお届けしています。

関連記事

  1. “冷やさない”で痩せる! 秋にリバウンド…
  2. 乾燥に負けない肌へ! スキンケアの効果をアップさせる簡単テク4つ…
  3. キーワードは「ツヤ感」! 春の最新ビューティートレンドまとめ
  4. 新年度はキレイな肌で! 生理周期に合わせたニキビケア
  5. できる風or元気いっぱい?新年度の第一印象を高めるメイクのコツ
  6. 原因はどれ? ニキビの基礎知識とつるすべお肌の秘訣とは
  7. 心と体を美しく~立春から春分に気をつけたいスキンケア・食生活
  8. 体の中からUVケア! 夏バテ知らず&シミ予防の簡単レシピ

ピックアップ記事

肌荒れやむくみ……腸内バランスを改善する食事内容とは

季節は秋めいてきて、過ごしやすくなってきました。それなのに、肌あれや便秘に悩まさ…

女性の大敵! ツライ「冷え症」を改善するポイント3つ

冷えは万病の元といわれているくらい、身体にとっては、あまりよくないこと。特に冬は…

non-no5月号に水素美容の特集が掲載されています!

non-no5月号に”「サビすぎ」20歳に水素が効く”と題して、水素の特集がされ…

キーワードは「ツヤ感」! 春の最新ビューティートレンドまとめ

この春夏のビューティー最前線では、いくつかヒットアイテムが誕生しました。メイクも…

二の腕のブツブツをつるっとキレイにする4つの方法

ノースリーブや水着の季節に、二の腕のブツブツが気になるという方も多いはず。このブ…

美肌の人はやっている! スキンケアの効果を高める生活習慣4選

朝晩すっかり冷え込み、乾燥が気になる季節になりました。スキンケアをしっかりしても…

PAGE TOP