ビューティー

春は油断禁物! 季節の変わり目に注意したいスキンケア

 

寒い冬が終わりに近づくと、日に日に気温が上がり日差しも暖かくなってきます。お肌にとって嬉しい季節が始まる! と思われる方が多いのではないでしょうか。しかし、意外とお肌が敏感になったり吹き出物が出来たりして、不安定な状態になることも少なくありません。

 

実は、春先の季節の変わり目は、スキンケアを油断しやすい要注意時期でもあるんです。

 

三寒四温

冬のダメージと不安定な気候……

 

春先の気候をあらわす「三寒四温」という言葉にあるように、この時期は暖かくなったかと思えばまた寒い日に戻る、不安定な気温が特徴的です。また、春は仕事や家族など環境の変化があることも多く精神的なストレスもあるほか、花粉や空っ風などの刺激を受け、冬の過酷な環境で新陳代謝が低下した肌にさらなるダメージが蓄積しやすくなっています。

 

春先の肌に影響を与える要因

 

  • 不安定な気候
  • 大気の乾燥、空っ風
  • 紫外線の増加
  • 花粉症などアレルギー
  • 環境変化によるストレス

 

ただでさえ乾燥状態の肌が、代謝の低下によりますます乾燥して肌表面のバリア機能も低下。この時期から急激に量が増加する紫外線からの防御効果が失われてしまい、炎症や肌アレなど、さらなる肌へのダメージとつながりやすくなります。

 

また、不安定な気温は過剰な皮脂の分泌にも影響を与えます。普段は乾燥肌の方もこの時期になると顔がテカりやすくなったり吹き出物が出来たりするのはこのためです。

 

春先のスキンケア、ポイントはダメージを残さない!

 

不安定な気候に振り回されてすっかり不機嫌なお肌をトラブルから救うためには、日々のダメージをお肌に残さないこと。とくに、一日の汚れとダメージをしっかり肌から取り除く洗顔と、バリア機能を修復するための保湿が欠かせません。

 

日々のダメージをお肌に残さないこと

(1)汚れをダメージに変えない

 

一日を過ごしたあとの肌の表面には、メイクの汚れだけでなく大気中の埃や酸化した皮脂、そして花粉がべったりと付着しています。しっかり落として肌をリセットしなければ、それらの汚れが肌の上でダメージのもとにつながってしまいます。

 

肌が乾燥しやすいからといって洗顔を控えるのではなく、ミルクやジェルタイプのクレンジングを使用したり、使用時に肌を摩擦しないよう徹底する、ポイント用メイク落としを活用するなど、やさしく洗顔できる方法を選択しましょう。

 

(2)重ねづけ保湿でバリア修復を

 

代謝が低下して乾燥した肌は、化粧水の浸透もなかなかスムーズにいかないものです。いつもより多めの量を三度に小分けして、手のひらの温度をりようしてハンドマスクでなじませるのが最も効果的です。早くなじませたいからといって、絶対にパンパン叩いたりしないように。

 

また、バリア機能が低下している状態では、いくら保湿成分を補っても肌表面からうるおいが失われやすくなっています。肌表面にフタをするように、乳液やクリームなどを肌の状態に応じて量を調節しながら活用しましょう。朝のお手入れではその後の紫外線対策も忘れずに。

 

The following two tabs change content below.

Maiko

美肌アドバイザー、コラムニスト。ニューヨーク在住。 有名化粧品会社での研究開発経験をもとにした美容アドバイス、 最新の海外トレンドを交えた美容情報を発信しています。

関連記事

  1. 二の腕のブツブツをつるっとキレイにする4つの方法
  2. 夏の肌荒れを持ち越さない! 秋冬に向けて行うべき乾燥・小ジワ対策…
  3. 食欲の秋の対策に! 間食に食べたい「太らないおやつ」10選
  4. 冬を味方に! 寒い季節にオススメの簡単ダイエット方法とは
  5. 新年度はキレイな肌で! 生理周期に合わせたニキビケア
  6. “冷やさない”で痩せる! 秋にリバウンド…
  7. できる風or元気いっぱい?新年度の第一印象を高めるメイクのコツ
  8. テラコッタとバーガンディーでグッと垢抜けるメイク方法

ピックアップ記事

「水素ガス吸入」厚生労働省の先進医療Bとして承認される

新年あけましておめでとうございます! Hybea編集部です。今年もHybeaを宜…

じんわりジトジト…夏が来る前におさらいしておきたい汗対策

ゴールデンウィークが終わり、少しずつ暑さが厳しくなってきた今。電車で移動していると、思わず鼻…

冬を味方に! 寒い季節にオススメの簡単ダイエット方法とは

街はすっかりクリスマスムード。夜になるとイルミネーションが綺麗ですね。とはいえ、…

実際どうなの? 水素水サーバーを自宅に設置するメリット3つ

とある有名女優さんが結婚式の引き出物として水素生成器を選んだことで、最近は再び水…

シリカ、水素、カリウム、どの水が体にいいの? ~気になる水のお話~

最近、美容にいい水がよく話題になっています。人の体の半分以上は水分。赤ちゃんなら…

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

PAGE TOP