ライフスタイル

眠気は春のせい! だる〜い体をすっきり目覚めさせる方法

 

あたたかい春の日、ついぼーっとしたり、うとうとしていませんか? それは、季節の変化に体がついていけず、体内にちょっとしたズレが生じているのが原因なんです。

 

そんな春の眠気に喝! というわけで、エネルギーを注入して、シャキッと体を目覚めさせましょう。

 

眠くなるのは自律神経が原因?

 

春に眠くなってしまう理由の一つには自律神経が関わっています。冬は気温が低く、交換神経が刺激されていますが、春になって暖かくなると、一転して副交感神経が優位になってきます。副交感神経は睡眠やリラックスを促すので、春は日中も眠気がでてしまうのです。

 

春の眠気は気温の変化に対応している故で、仕方のないこと。スタートだからと、猛ダッシュをかけずに、夜は早めに休んで、体の自然なリズムに従って生活するのがポイントです。

 

それでも、眠気をなんとかしたい時もありますよね。続いては、春の眠気をすっきりさせたい時に簡単にだるさを取りさる方法をご紹介します。

 

眠くなるのは自律神経が原因?

朝のシャワータイムにおめざアロマを

 

朝、シャワーをする時に、浴槽に少しお湯を入れて、アロマを垂らします。お湯の蒸気でアロマテラピーを。簡単にできて、シャワーの数分でリフレッシュできます。おすすめはレモン、ベルガモットなどの柑橘系、ペパーミント、ローズマリーなどのスッキリ系のアロマ。眠った体を覚醒させ、気分をアップさせます。

 

朝のシャワータイムにおめざアロマを

眉毛もみで目もとシャッキリ

 

睡魔に襲われそうな午後の会議前。ミントのアロマでこめかみをぐるぐるとマッサージ。閉じてしまいそうな目もとには、眉毛もみで刺激を。3本の指を眉の上にあて、内から外へぐるぐると回します。こすらないように圧を加えるように。クール系のアイジェルを使っても効果が増します。目もとの筋肉をほぐして流れをスムーズにすると、疲れが取れて、目もともぱっちりしてきます。

 

スーパーフードでエネルギーチャージ!

 

栄養豊富な魔法の食べ物、スーパーフード。自律神経を整えるカカオは、緑茶の30倍のポリフェノールを含み、気力を高め、やる気と幸福感をもたらします。カカオ含有率の高いチョコやココアを3時のおやつにどうぞ。

 

また、滋養強壮の源として古くからアンデス地方で重宝されてきたマカは活力をUPさせ、ホルモンバランスを整えるなど女性に嬉しい効能も。マカパウダーをスムージーやヨーグルト、料理に入れて取り入れましょう。

 

眠気とだるさと取り去って、心もイキイキ、楽しい春を過ごしましょう!

 

The following two tabs change content below.

Shoji Maki

美容誌の編集を経て、webメディアなどで美容&健康を中心に執筆。 スキンケアやメイク、食、ファッション、などビューティにまつわることを幅広くお届けしています。

関連記事

  1. 肌荒れやむくみ……腸内バランスを改善する食事内容とは
  2. 快眠は美容の基本! 良い眠りを引き寄せるパジャマの選び方
  3. 早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

ピックアップ記事

顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは

うららかな春の日差しも肌にとっては油断大敵です。3月は紫外線の増加や花粉、昼夜の…

実際どうなの? 水素水サーバーを自宅に設置するメリット3つ

とある有名女優さんが結婚式の引き出物として水素生成器を選んだことで、最近は再び水…

水素水・水素入浴でゆったりリラックス 大人女子のための水素美容

現代社会につきものなのがストレス。ストレスは体にはもちろん美容にもよくないですね…

MyAgeに水素の特集が掲載されています!

MyAgeのMyage LABOに、"賢く「水素」をとってサビない体!"と題して…

女性の大敵! ツライ「冷え症」を改善するポイント3つ

冷えは万病の元といわれているくらい、身体にとっては、あまりよくないこと。特に冬は…

アンチエイジングの鍵! 抗酸化&抗糖化のメカニズム徹底解説

暑い夏はバテバテで、料理する気も起きない。ファストフードや甘いアイスにジュースが…

PAGE TOP