ライフスタイル

快眠は美容の基本! 良い眠りを引き寄せるパジャマの選び方

眠るとき、パジャマではなくルームウェアやジャージなどでそのまま眠っていませんか。眠るときにパジャマに着替えることでリラックスが促され、睡眠の質を高めることができます。特に冬は冷え対策を兼ねて、冬用のパジャマを選びたいですね。

今回は冬の時期のパジャマの選び方についてお送りします。

 

寒さ対策や快眠に欠かせないパジャマの選び方

 

【素材】

 

 

就寝中は体の新陳代謝が活発になり、コップ1杯分の汗をかくといわれます。1年を通してパジャマを選ぶ際は汗を吸収して湿気を逃す素材を選ぶことがポイント。皮膚に汗や汚れが残ると、不快な感覚がセンサーとなり、眠りが浅くなることがあります。コットンやオーガニックコットン、シルク、麻など、天然繊維のパジャマが多いのはそのためです。

 

冷えが気になる冬場は保湿、保温性に優れた二重ガーゼ、フランネル、コットンニットなど厚手のパジャマで体温を維持しましょう冷えると寝付きにくくなったり、中途覚醒の原因になります。

 

ぐっすり布団で睡眠をとろう

【デザイン】

 

 

眠るときにルームウェアよりもパジャマを着たい理由にはパジャマのデザインにもあります。パジャマのデザインはゆったりめになっていて、首もとやウエスト、腕周りなど広い開きになっています。締め付け感のないゆとりある設計が着心地良く眠りやすくします。寝ている間は寝返りなどで結構動くので、パジャマは小さすぎても大きすぎても動きが取りにくくなります。

 

また浴衣などのように羽織る形のものも着崩れて、就寝中に体の動きを阻んでしまいます。着崩れしないデザインを選ぶようにしましょう。Tシャツタイプやワンピース、シャツタイプ、丸首タイプなど様々ありますが、夏場でも腕や足を出しすぎないパジャマを選ぶと、衛生的で夏冷えの予防にもなります。

 

あると便利な足&肩パーツガード

 

冬の寒さ対策にあると便利なのが、就寝用のソックスやマスクなどの小物。日常使いとは違った就寝用小物の選び方のポイントをまとめます。

 

・マスク

 

 

冷たい空気が鼻の粘膜を刺激し、眠りにくくしたり風邪のもとにも。ウィルス対策ではないのでゆったりしたマスクを選び、伸縮性のない耳かけのものを。ゴムヒモだと耳の後ろが痛くなってしまうのでコットンのヒモのものなど痛くならないものを選びましょう。

 

・肩掛け

 

 

布団から出やすい肩。肩周りの血行を悪くし、肩こりや首こりの引き金になってしまいます。カーディガンを着たり、1枚羽織ると寝苦しくなってしまうので、寒いときには肩まわりだけをガードする肩掛けも重宝します。

 

あったか靴下で冬を乗り切ろう

 

・おやすみソックス

 

 

冷えやすい足先をカバーする就寝用の靴下は、足首の血行を妨げない適度なゆるさがポイントです。また、暑いと感じたときに脱げるように、ゴムのない靴下を選びましょう。足は汗をかきやすく、汗をそのままにしていると冷えの原因になるので要注意。通気性、吸湿性の良い素材と選ぶことで冷え対策になります。むくみ防止の着圧ソックスなどは必ず脱いでから寝るようにしましょう。

 

ぐっすり眠ることは美容・健康の基本。このようなパジャマの一工夫で眠りの質がぐんと高まりますよ。

The following two tabs change content below.

Shoji Maki

美容誌の編集を経て、webメディアなどで美容&健康を中心に執筆。 スキンケアやメイク、食、ファッション、などビューティにまつわることを幅広くお届けしています。

関連記事

  1. 肌荒れやむくみ……腸内バランスを改善する食事内容とは
  2. 早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策
  3. 眠気は春のせい! だる〜い体をすっきり目覚めさせる方法

ピックアップ記事

日経ヘルス4月号に「水素」が特集されています!

日経ヘルス4月号に水素特集が掲載されています。水素の基本的な知識から、忙しい…

自分の肌に合うモノを! 今話題の最新美容成分6選

ヒアルロン酸やセラミドはもうお馴染みですが、最近話題の幹細胞やEGF、水素など最…

血糖値をコントロール! 食べても太りにくい体になる4つの方法

年末にさしかかり、会食や飲み会が多くなってくる時期。寒くて消費量が減り、増えた体重が戻りにくいという…

快眠は美容の基本! 良い眠りを引き寄せるパジャマの選び方

眠るとき、パジャマではなくルームウェアやジャージなどでそのまま眠っていませんか。眠るときにパジャマに…

シワや肌荒れの原因! 乾燥が加速する間違ったスキンケア4つ

乾燥小じわが目立ったり、化粧のりが悪くなったり、冬時期の肌悩みは乾燥が起因するものがほとんど。保湿ケ…

美肌の人はやっている! スキンケアの効果を高める生活習慣4選

朝晩すっかり冷え込み、乾燥が気になる季節になりました。スキンケアをしっかりしても…

PAGE TOP