水素水

「水素ガス吸入」厚生労働省の先進医療Bとして承認される

 

新年あけましておめでとうございます! Hybea編集部です。今年もHybeaを宜しくお願い致します。

 

寒さや年齢を重ねるごとに、心配になってくる体のこと。水素関連の情報から最新のトピックスが更新されました!

 

先日、厚生労働省の発表により「水素ガス吸入」が先進医療Bとして世界で初めて承認されました。

 

第3項先進医療 先進医療B (66種類) 68番 水素ガス吸入療法

厚生労働省HP

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html

 

心肺停止後の蘇生後に水素ガスを吸入、生命を護り、さらに脳機能を護ることで、社会復帰をめざす革新的な治療法。また一歩、水素医療が進歩しました。

 

可能性が広がる水素に、引き続き注目が集まりそうですね!

 

過去に発表された下記サイトを参考にご覧ください。

 

SciencePortal 

The Huffington Post

HazardLab

 

将来、水素がどんな発展を遂げるのかとても楽しみです。

 

出典:厚生労働省ホームページ

 

 

関連記事

  1. ダイエットに効く飲み方は?「水素水」の賢い選び方&飲み方まとめ
  2. 水素水の鍵「水素濃度」を測定して良質な水素水に出会おう!
  3. 目安や飲むタイミングって? 水素水の正しい飲み方と基礎知識
  4. 実際どうなの? 水素水サーバーを自宅に設置するメリット3つ
  5. 一体どんな効果があるの? 大注目されている水素生活のはじめ方
  6. 綺麗な人は飲んでいる! ヨガやジムの前に水素水を飲むといい理由
  7. 美白にも効果あり! 本当はすごい水素の効果をわかりやすく解説
  8. 肌の奥深くに浸透! 水素水でのスキンケアをご紹介

ピックアップ記事

早めにやらないと意味がない?今からやるべき花粉症対策

今年も花粉症の季節がやってきました。2017年の花粉のピークは3月中旬から下旬。九州地方では、2月の…

血糖値をコントロール! 食べても太りにくい体になる4つの方法

年末にさしかかり、会食や飲み会が多くなってくる時期。寒くて消費量が減り、増えた体重が戻りにくいという…

じんわりジトジト…夏が来る前におさらいしておきたい汗対策

ゴールデンウィークが終わり、少しずつ暑さが厳しくなってきた今。電車で移動していると、思わず鼻…

シリカ、水素、カリウム、どの水が体にいいの? ~気になる水のお話~

最近、美容にいい水がよく話題になっています。人の体の半分以上は水分。赤ちゃんなら…

体に悪いの?「食品添加物」のメリット・デメリット

「食品添加物」と聞いて、どんなイメージがありますか?…

顔がヒリヒリ……春の肌荒れを防ぐ美肌ケアとは

うららかな春の日差しも肌にとっては油断大敵です。3月は紫外線の増加や花粉、昼夜の…

PAGE TOP